« ツメ矯正 | トップページ | 新商品? »

2006年2月28日 (火)

口蹄疫

世の中鳥インフルエンザ騒ぎが続いています。
鶏にとって最も恐ろしい伝染病は鳥インフルエンザですが、牛・豚・羊・ヤギにとって最も恐ろしい伝染病のひとつが「口蹄疫」です。
口蹄疫は伝染力が極めて強く、畜産業に大きな損害を与えますが、鳥インフルエンザと違い、人に移らないため、数年前宮崎と北海道で発生したときも、鳥インフルエンザほど大きな騒ぎになりませんでした(業界は大騒ぎでしたが・・・)。

が!

もし発生した場合、とられる措置は鳥インフルエンザと大きく変わりません。つまり
発生した場所から一定の距離内にある畜産物の移動禁止(出荷禁止)
そして患畜の「殺処分」です。つまり殺さなくてはいけないのです。
「ペット・家族だから」とかは通用しません。家畜伝染病予防法という法律があります。
もし発生して、殺されるからと黙っておくと、これまた処罰されます。(鳥インフルエンザのとき実際このような事例がありました)

言いたいことは、ヤギを飼うということには、楽しいこともある反面、こういったことも付いてくる、ということです。

口蹄疫に関することをリンクしましたので、参考になれば幸いです。自分のヤギは自分で守ろう!!!

|

« ツメ矯正 | トップページ | 新商品? »

コメント

大変参考になりました。 この口蹄疫のワクチンなどは無いのでしょうか?
狂犬病の項目にも山羊がはいってましたけど、ワン子のように毎年、狂犬病予防注射の義務があるのでしょうか?

するとしたら動物病院?保健所?

投稿: けんママ | 2006年2月28日 (火) 23:47

口蹄疫ワクチンはありますが、日本では使えません。なぜなら病気の発見は抗体の有無で判断しますが、ワクチンをうつと抗体ができ、病気によるものかの判断ができず、早期発見ができないためです。またワクチンを使用している国は、口蹄疫清浄国ではなくなり、清浄国に対しての畜産物の輸出などが制限されるとのことです。

ヤギの狂犬病予防注射は聞いたことがないですね。

投稿: T | 2006年3月 1日 (水) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162212/8882848

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫:

« ツメ矯正 | トップページ | 新商品? »