« 成分解析 | トップページ | 勘違い »

2006年4月15日 (土)

迷路

Dsc01897_1 エンバク畑に子供用迷路(というよりクネクネ探検道)を作っています。

そろそろメリコの分娩予定日が近づいてきました。

|

« 成分解析 | トップページ | 勘違い »

コメント

YYYGの掲示板のお返事です。同じものをコピーしてはりますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
福岡さん、もうじきそちらでも、出産ですね。役に立つ情報をいただいています。イヌスギナはこの辺にはありませんが、どこかでみた記憶があります。関東のほうだったのでしょうか。
ザーネンの交配は、うちでは7回が最高です。そのヤギは7腹目の出産の時に死にました。3頭出産したあと子どものめんどうもみずに苦しんでいました。獣医さんを呼んでも、なかなか原因がわかりませんでした。結局、4頭はらんでいたのですが、産道がねじれていたために出て来られなかったのです。手をつくしましたが、手遅れでした。
その次が6腹でいまのやぎです。
いえ、乳しぼりのできなくなったやぎを、種の付かないヤギと交換した時は、うちでは3回だけ交配しましたが、前の飼い主が、4,5回交配していたかもしれません。「泌乳量の多いヤギは7年くらいで更新したほうがいい」と聞いていますが、「10歳でも種をつけた」とも聞いています。高齢だと、人もそうですが、出産時の事故は多くなると思います。
個体の健康状態でもきっと違うでしょうね。私は40歳で出産しましたよ。
うちでは乳用家畜としてヤギを飼っていますので、交配ができないとなれば、考えなくてはなりません。子どもを生んで乳を出すことはとても体力を使いますから、10歳過ぎまでは、それまで順調に行ったとしても、交配をやめるかもしれません。福岡さんのところの判断の結果も、また、こちらが参考にさせて下さい。

投稿: YYおばさん | 2006年4月16日 (日) 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成分解析 | トップページ | 勘違い »