« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

あおやぎ

栃木にも青ヤギがいるそうですが、福岡でも青ヤギを発見しました。

衝撃の映像!

| | コメント (4)

2006年5月27日 (土)

新入り(仮)

今日、知人の所で飼う予定のヤギを、行橋から運びました。
美夜古企画に居たかわいいヤギ(クロちゃん)で、けんママさんのやぎべーの妹(姉?)です。

しばらくうちで預かるようになったクロちゃんですが、うちのヤギから離れたところに置くとめーめーよく鳴くし、小屋の中に入れると、新入りにはひっじょ~に厳しいメリコ姐にシメられるので、小屋の軒先に繋いでいます。
落ち着いたら放牧地に放そうと思っています。

けんママさん、今日はお世話になりました。

Dsc02032 ※比べるとザーネンはでかい!

| | コメント (4)

2006年5月26日 (金)

柵越しですが

がっちゃんがだいぶ慣れてきました。
小屋の前に行くと柵に足をかけ、草くれ~草くれ~と催促します。

とっとんは寄ってきません・・・

Dsc02028 Dsc02031

| | コメント (3)

2006年5月24日 (水)

雨ニモマケズ

今日は晴れましたが今年は雨が多いですね。
完全放牧中のシロコは雨の日も外です。雨に濡れながら一生懸命草を食べています。

シロコは高齢で消化機能が衰えているせいか、すぐに糞がダンゴになってしまいます。が外に出して青草を腹いっぱい食べさせると、糞がコロコロになってきます(青草への慣らしは慎重にやっています)。一般論では「下痢を防ぐために、水分の多い草は干してから与えましょう」とあります。

摂取量の差かな?と考えてみたのですが、舎飼いで干草を食べているときも結構食い込んでいます。干草にはカビ等は無く、同じエサを食べているメリコ親子はコロコロうんちです。

開放感?ビタミン?ストレス?なぜだろう?

| | コメント (3)

2006年5月23日 (火)

ジャイケン

うちの地域では、ジャンケンのことをジャイケンといっていました。今はあんまり言わないようですが、僕はこの頃、言われるまで気づかず、ジャンとジャイの間くらいの発音みたいです(どちらかといえばジャイ)。

先日法事の席で、親戚一同うちの卵持ち帰りジャイケン勝負になり、叔母がジャ~イケン~と言った時、議論になりました。「おばちゃん、今ジャイケンち、ゆうたね~ジャンケンばい」。「ジャイケンやろうもん」。「ジャイケンとかゆわんちゃ」。などなど(※ゆう=言う)

一昨日の保育園のバス遠足で、25~26の若くてかわいい保育士さんが、マイクで「ジャイケンで決めてくださ~い」と言った時、うれしかったですね。

| | コメント (6)

2006年5月21日 (日)

除角ミス?

Dsc02026 除角したがっちゃんの角が大きくなってきました。
やはりもっと広範囲(20mm弱)に深く焼かないといけないようです。
そんなに伸びないと思いますので、やり直しはしません。

| | コメント (4)

フル放牧準備完了

暑くなってきました。
フル放牧(期間中の世話は水の補給のみ)をするために、日よけ、雨よけを作りました。
鯉のぼりの土台を利用しています。
牧草地の草ですが、今のところ、シロコ1匹で10日間くらい持つ計算になります。そして2週間くらい休ませて、また10日~2週間のペースでやっていこうと思っています。

メリコも放すとあっという間に草は無くなるし、子ヤギも連れて行けとしゃあしいし、それで子ヤギも放すと、小屋に帰りきらんで捕まえるのに一苦労するし、捕まえるとき狩のようになって子ヤギはなつかないし・・・・・・・

Dsc02024

| | コメント (3)

2006年5月20日 (土)

2階建て②

がっちゃんがシロコに飛び乗った瞬間です。
Dsc02022

| | コメント (6)

2006年5月17日 (水)

2階建て

今日家に帰ってみると、シロコの上にがっちゃんが乗っていました。いつもは子ヤギはシロコにちょっかいをかけてシロコに追い払われています。
写真無しなので絵を描いてみました。
Photo

| | コメント (8)

2006年5月15日 (月)

ヤギ?

Dsc02004 黒ヤギです。(ウソ)

| | コメント (3)

2006年5月14日 (日)

歴代ハサミ

僕は刃物が好きで、ホームセンターの刃物コーナー(主に農林業もの)によく寄ります。
ヤギの蹄切り用のハサミも色々試してみました。
Dsc02020 Dsc01799 Dsc02021左が最初に使っていたイチジク剪定用のハサミです。よく切れるのですが、細かい作業に向かず、蹄の間にツつまった糞などが取りにくかったです。
真ん中が次に使っていたもので結構長く使っていました。取り回しが良く、細かい作業がしやすいのですが硬い蹄を切るのにちょっと力が要りました。
右が今使っているもので、良く切れ細かい作業もしやすいです。左右対称ではなく、刃と取っ手の間に角度が付いている所がポイントです。

でも更に良さそうなハサミを見つけたら欲しくなるだろうな~

| | コメント (2)

2006年5月13日 (土)

ヒツジの毛刈

今日、ヒツジの毛刈りの手伝いに行ってきました。
4匹の毛を刈りましたが、僕も含めてみんな初めての体験です。みんなで足や体を押さえて切りました。

最初の一匹:毛と皮の境がわからない! 皮まで切って傷だらけ。 切っている途中で「あっ・・・・」、「やばっ・・・・」、「赤チン赤チン」の連発。
時間も1時間弱かかり、あと3匹今日中に終わるやか?
どうなることかと思われた2匹目:意外とサクサク、だいぶ慣れてきました。「うまくなったね~」とほめると、「ザク」赤チン赤チン 30分くらいで終了。
3匹目はかなりスムーズにいき、お昼ご飯
4匹目は♂ヒツジ:でかい。毛の量は♀の比じゃないぞ。暴れる力も半端じゃないぞ。昼休みで一息ついて体の動きがみんな鈍い。1時間くらいかかってやっと切りました。
ヒツジがヤギになっちゃった~ また来年がんばるぞ!

腰が痛い・・・・・ 

Dsc02009_1 Dsc02011 Dsc02017 Dsc01996 Dsc01986

| | コメント (5)

2006年5月10日 (水)

18年ブラックホール

今年初めてブラックホールを稼動させました。
雨で風もあったけど、それなりに蚊が入っていました。

コンテナ堆肥は温度上がらず。山のほうは60℃を超えて順調。

土曜日はヒツジの毛刈りの助っ人です。

| | コメント (3)

2006年5月 8日 (月)

イチジクの芽

イチジクの芽が出てきました。
Dsc01957
糞の山:発酵温度60℃ コンテナ:温度上がらず

| | コメント (3)

杖樂の型

杖樂では現在21手の型が伝わっていますが、今年私は5手をしました。
その中で酸欠で死にそうになるのが「わめき」という型です。
わめき」(1MB)

※動画をブログに載せる練習をしていますが、動画のファイルサイズを小さくする方法がよくわからないので大きくなってしまいました。

| | コメント (0)

2006年5月 6日 (土)

除角

生まれた子ヤギ2匹のうち1匹に角が生えてきましたので除角しました。
ボルトの長いやつを改造して焼きゴテを作り、ガスバーナーで熱しました。
コテの直径は18mmでやったのですが、角の周りの皮を焼かないためには、12mmくらいのほうが良かったです。保定は太腿と脇にはさんで一人ででき、所要時間は10分くらいでした。終わった後しきりに後ろ足で焼いた跡をかいていました。
Dsc01971Dsc01975
この子ヤギには二度としたくないので、また角が生えてこないことを祈っています。

※昨日積んだ糞の山(高さ1mくらい)の内部温度:50℃
コンテナ堆肥:31℃   外気温21℃
でした

| | コメント (4)

2006年5月 5日 (金)

牧草収穫

明日から天気が悪くなるというので、子供たちと乾かしていた草を取り入れました。
Dsc01968

※今日のヤギたちです
Dsc01962

| | コメント (0)

くそだし

今日ヤギ小屋につもりつもったふんを出しました。
約1年ぶり(途中デカ羊4匹を2ヶ月入れていたので、実質1年半分)です。
冬にやっておけば楽だったのですが、むち打ち症でできませんでした。
Dsc01960 Dsc01961
Dsc01964 Dsc01966



ミニ耕運機で小屋の中を耕して、スコップで小屋の外に積み上げました。
場所がなかったので、イチジクの根元に積んでしまいました。今年のイチジクは枝が暴れそうです。
しばらく積んでおいて、たまにかき混ぜてやるといい堆肥になると思います。

Dsc01965 またコンテナによる堆肥化試験を行っています。これで都合よく発酵すると、場所もとらないし、かき混ぜるのもひっくり返してまたコンテナに詰め直せば楽にできます。温度がどれくらい上がるのか楽しみです。

| | コメント (4)

2006年5月 4日 (木)

神幸終了

やっと神幸が終わりました。・・・・・・・・・・・・ふう~

| | コメント (1)

2006年5月 2日 (火)

間性について

全国山羊ネットワークの掲示板にも書き込みがありましたが、家畜改良センター長野牧場のHPに間性についての説明があります。http://www.nlbc.go.jp/nagano/newpage39.htm

HPの内容(一部削除・追加変更しました)

以下の交配で♀が生まれた場合
①無角ホモ♂×有角♀→全て無角ヘテロ
②無角ホモ♂×無角ヘテロ♀→半分無角、残りの半分は間性
③無角ヘテロ♂×有角♀→半分が無角で半分が有角
④無角ヘテロ♂×無角ヘテロ♀→半分が無角(ヘテロ)、25%が有角、25%が間性

になるとのことです。自分もぱっとわからなかったので整理してみました。

・角に関する遺伝子をHとhとします。(勝手につけました)
・無角をH(優勢)
・有角をh(劣勢)とします
・HH hhのように同じ遺伝子が並ぶものをホモ Hhのように異なる遺伝子が並ぶのをヘテロといいます。
・HHは無角になります。
・hhは有角になります。
・HhはHが優勢なので無角になります。
・子供には父親の半分と母親の半分が伝えられます。
・♀がHH(つまり無角ホモ)のとき間性(子ができない)になるので、HPでは②と③の場合無角♀しか書いていませんが、この場合、無角へテロ♀のことです。

整理した結果HPの内容が納得できました。
↓クリックしてください
Image002

| | コメント (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »