« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

シロコ死亡

29日の0:00~6:00の間にシロコが死にました。
29日の朝、仕事に行く前にエサをやると、寄っては来たのですが、食べなかったので、危ないなと思っていると、昼過ぎに家のものから「ぜんぜん起きんばい」との電話。
仕事が終わり、20:30頃帰宅してヤギ小屋に言ってみると、すみっこでグッタリ。すでに意識は無く虫の息(19:00頃までは起きんけど意識はあったようです)。子ヤギが乗って遊ぶので小屋の外に引きずり出し、次の日のことを考えて日陰(暑い所では死体の腐敗が早い)にシロコを寝かせました。21:00頃家に入り、時折様子を見に行きましたが、23:30にはいよいよ息が細くなってきました。
朝6:00過ぎに、そこにいってみると冷たくなっていました。仕事は休めないので、線香とお経をあげ、新聞紙をかけて、出勤しました。

仕事場に着き、8:30に家畜保健衛生所に連絡。幸い死体を取りに来てくださるとのことで助かりました。午前中引き取りに来られ、29日の午後には脳みその検査があり、本日焼いたそうです。遺骨を取ってもらうようお願いしており、骨が帰ってきたら、庭の隅に埋める予定です。

子ヤギ達が出て行った後、またメリコ1匹になるので後継者探しも考えておかなければなりません。

| | コメント (9)

2006年6月27日 (火)

笛復活計画

5月の神幸祭で行われる杖樂には本来笛があります。が、ここ10年弱吹き手がおらず、ほとんど絶えた状態です。何とか復活させたいなと思っていましたが
記憶:無
楽譜:無
音源:紛失
あるのは笛のみ・・・・

ところが10年位前の神幸のビデオが出てきました!

早速、パソコンでビデオテープをDVD化し、笛の部分をCDにしました。ITってすごい!(四苦八苦しました)
でも、笛の吹き方(音の出し方)がわからない・・・・・・・・・・・・・・

しかし、お宮の神様が助けてくれたんでしょう、転勤先の同僚に太宰府天満宮で雅楽をやっている人がいました!

とりあえず、音の出し方、ちゃんとした音、練習方法を習い、あとは通勤中にCDを聞きまくりです。

本番まで10ヶ月、間に合うかな~?

| | コメント (2)

2006年6月25日 (日)

堆肥2

大雨等で小屋の床がグジョグジョになったので掃除しました。

新しい敷料は以前仕込んでおいた堆肥です(いわゆる戻し堆肥)。シートをはぐと程よく発酵しており、いい床になりました。
野菜や牧草等に使いたかったけど、まーいいや
Dsc02062

とりだしたボロはまた堆肥にします。1日後には湯気がもうもう立つくらい発酵しています。
Dsc02060

| | コメント (0)

2006年6月23日 (金)

シロコその後

シロコの状況ですが、以下の行動が日増しに強くなっています。

動作が鈍い
機敏な動きに対応できない
少しのことでこける(特に横向きに動こうとした場合、びっくりするくらい簡単にこける)
こけ方がドテッ
こけた後、しばく起き上がれない

エサは食べる、反芻しっかり、ふん尿正常、麻痺等神経症状らしき症状はなし

体温が低い感じがするのが気がかり。

そろそろやばいかな・・・

| | コメント (4)

2006年6月22日 (木)

子ヤギ2ヶ月齢

子ヤギも生まれて2ヶ月が過ぎ、だいぶ大きくなってきました。
今でも、シロコの背中にかったりばんこで乗っています。

子ヤギはかなり大きくなったので、シロコはきつそうです。

?! もしかして。シロコが急に老け込んできた理由はこれかな~?

今晩は大雨です。クロコは小屋の軒先につないでいるのですが、濡れそうなので、小屋の中に入れました。
メリコのいじめが軽いことを祈っています。(わがヤギやったら、はよから小屋の中に入れちょんですけどね・・・)

| | コメント (2)

2006年6月20日 (火)

ザーネンの尻

やっぱり在来種と違いますよね?(左:ザーネン、右:在来系。肛門の下の骨の出っ張り具合)
Dsc02045 Dsc02055

ザーネンのシロコですが、この頃ちょっと元気がありません。食欲、糞などは正常なのですが、かなり高齢なので心配しています。いつ死んでもおかしくない年齢なので覚悟と準備はしておかなければなりません。
特に1歳以上のヤギは死亡ヤギ検査を受けなければならず、家畜保健衛生所へ連絡や検査施設への運搬方法などを考えておかなければ、いざというときに困ります。

できるだけ長生きしてもらいたいのですが、老衰はどうしようもないので、大好きな葛の葉を取ってきてやっています。

| | コメント (5)

2006年6月18日 (日)

エサ箱リニューアル

冬にヒツジたちに破壊されたエサ箱をやっと作り直しました。
今までの経験の中で、あ~したらいいな、こ~したらいいなと思っていたことを織り込んだつもりです。エサ箱の下のスペースも活かしたいので、メリコの体高より高くしています。

でも実際にヤギが食べだしたら、改良点がいっぱい見つかるんでしょうけどね。
Dsc02054_1

※メリコ&シロコ:削蹄

| | コメント (1)

2006年6月16日 (金)

バヒアグラスに挑戦

芝は見てくれは背が低く、草量が少ないように見えますが、実はかなりの牧養力を持っています。
http://www.pref.kochi.jp/~chikusan/sibamanual-frontpage.htm

ヤギによって面倒な芝刈り無しに、美しい芝生を作られればすばらしいなと考え、「放牧地を芝生にしたい」作戦を計画しています。

そこでバヒアグラスというシバ型の牧草の種を買いました。本当は一度土を耕して、種を播き、しっかりと土かけ・鎮圧をしなければバヒアグラスは生育が悪くなるのですが、今回は以下の手順にチャレンジしてみます。

現在の草をヤギにギリギリまで食べさせる→雨でじるくなった放牧地に種を播く→ヤギを入れとにかく踏ませる=土の中に種が入る→芽が出る→他の雑草などはヤギに食べさせていく=立派な芝生の出来上がり

とらぬ狸のなんとやらにならないようがんばって見ます。ちなみにコンテナ堆肥作戦は、コンテナ一個だけでは温度が上がらずだめでした。
P1010307

| | コメント (3)

2006年6月13日 (火)

食虫ヤギ

現在、主力エサのセイタカアワダチソウにはアブラムシがびっしり付いていますが、ヤギたちはかまわず食っています。

手と服がまっかっか~。虫染め

Dsc02047_1

| | コメント (2)

2006年6月11日 (日)

髪上

ちょっと早いけど、今日はがっちゃんととっとんちゃんの髪上です。(オスだったら元服)
といっても毛を結い上げるわけでもなく、我が家では首輪をつける事を指しています。
首輪をつけると、ぐっと大人っぽくなりました。
Dsc02040 Dsc02041
首輪は100均ショップの小型犬用105円

※シロコ駆虫、鶏NDワクチン

| | コメント (4)

2006年6月10日 (土)

安心院

子供の誕生日のお祝いに一家そろって安心院(「あじむ」と読む)のアフリカンサファリに行ってきました。
やっぱり気になるのはヤギ・ヒツジがいるふれあいコーナー
そこには顔がひん曲がったヤギがいました。P1010300

看板には「ヤギ(ザーネン種)」
ヤギは十数頭いましたが、どれもうちのシロコと比べると小さい!!
シバヤギ系じゃないの~? 若メスだから小さいのか? 尻の形はザーネンぽい?
(僕自身シロコ以外ザーネンをじっくり見たことが無いので????です)P1010299

エサはルーサンペレットひとつかみ(子供の手)。多くみて50gとして原価2.5円くらい。それが100円でした。実際この100円は「エサをやる」という行為に対してのサービス料でしょうけど・・・・

土産コーナーには、「ヒツジはいるがヤギはいない」の格言(?)どおりヤギ関連グッツは売っていませんでした。やっと子ヤギらしき白いぬいぐるみを見つけ、「ヤギやん♪」とつぶやいたのもつかの間、足がウサギでした・・・

| | コメント (6)

2006年6月 7日 (水)

ヤギ飼いが楽になったアイテム等

今まで5年間ヤギを飼ってきましたが、その中で絶対必要というわけではないけど、あればヤギ飼いがもっと楽に楽しく豊かになった道具などを紹介します。

エンジン付き草刈機:エサ確保←鎌
                        ほんとに楽
ミニ耕運機:ヤギ小屋床掃除←鍬
          牧草栽培にも威力を発揮
借地:エサ確保←通勤路脇の草を切っていた
                      エサに余裕
軽トラック:エサ運搬、ヤギ運搬←一輪車、普通乗用車   
               楽、家族の不満減少
電牧器:放牧が可能
ブラックホール:蚊対策←殺虫スプレーこれでもか!
                 今年の夏が楽しみです
電動ドリルドライバー:小屋など建設←釘とカナヅチ
                         釘と比べて、解体しやすい。施工が早い
インターネット&ブログ:いろんな方と知り合えました。
                                これからもよろしくお願いします。

などなどです。
※あくまでもヤギのためだけに買った物ばかりではありません。

| | コメント (4)

2006年6月 5日 (月)

哺乳ビン作戦失敗

とにかく乳首をくわえない。(クロちゃん、がっちゃん、とっとんちゃん)

子牛のイメージ(とにかく吸い付く)があったので簡単にいくかなと考えていたのですが・・

生まれてすぐに親の乳を直接飲めない状況じゃないと難しいのかもしれません。
(シロコは生まれてすぐに親が死んでしまったので牛乳で育ったらしい)

作戦中止

| | コメント (0)

2006年6月 3日 (土)

哺乳ビン作戦

今日5頭とも放牧地に出しました。

子ヤギがメリコの乳に吸い付いた時、なんとクロちゃんも乳に吸い付こうとしていました!
案の定メリコに頭突きをされていましたが、

クロちゃんはまだ乳が飲みたい→でも飲ませてくれる母ヤギはいない→もしかしたら哺乳ビンで牛乳やりができるかも→哺乳による懐かせができるかも

ということで、明日哺乳ビン作戦開始です。

Dsc02039

| | コメント (4)

2006年6月 2日 (金)

慣れてきた

一時預かり中のクロちゃんですが、
さびしくてヴェーヴェー鳴いていたのですが、この頃は腹が減ったときに、めーめー鳴いています。

クロちゃんだけ小屋の外にいるため、蚊とブドの集中攻撃。かゆそうです。
(小屋の中はブラックホールに近いためか蚊は少ない)

※クロちゃん昨日駆虫。

| | コメント (4)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »