« セーフ | トップページ | 羊毛を洗いました »

2006年8月12日 (土)

TSE発生時に起こること

前回書き込み「セーフ」のはたさんの質問に対する回答です。
http://www.sat.affrc.go.jp/joseki/Houki/KADENHO/Manual_TSE_kensa_frame.htm

患畜=TSE検査等でTSE陽性とされたヤギ
疑似患畜=患畜との同居歴等から疫学的な関連性が高いと判断される以下のめん山羊
この二つは殺処分後検査されます。

疑似患畜の条件
①患畜と血縁(親子及び母系兄弟(姉妹)に限る)関係にあるめん山羊(患畜由。来の受精卵産子を含む)。
②患畜が雌の場合、当該患畜の最終分娩時以降に当該患畜と同居したことのあるめん山羊
③患畜の母親が患畜を分娩してから1か月の間に当該患畜又は患畜の母親と同居したことのあるめん山羊

ということで、文章を読む限り、もしシロコが患畜だったならば、条件②に当てはまり、うちにいるヤギ全部が殺処分後、検査されることになります。しかしシロコが最終分娩をしたのはうちではないため、そのへんの取り扱いは家畜保健衛生所に聞いて見ないとわかりません。

あと糞その他も焼却処分でしょうから、ヤギに関するものの大部分は家から消えていくことでしょう。

検査がいやで死亡ヤギを勝手に埋めたら法律違反になるし・・・ ヤギを飼うのも大変です。

|

« セーフ | トップページ | 羊毛を洗いました »

コメント

う~~~~ん、想像しただけで悲しいストーリーが出来上がっちゃう。
でもBSEの牛が出たときだって、みんな焼却処分されたんだもんね・・・。

投稿: はたかおり | 2006年8月12日 (土) 20:58

そうなんですよ。やりきれません

投稿: T | 2006年8月13日 (日) 07:38

検査にかかる費用はどのくらいですか?地域差はあると思いますが・・・

投稿: なお | 2006年8月15日 (火) 19:43

この検査は国が法律で行うことになっているので、無料です。

投稿: T | 2006年8月16日 (水) 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セーフ | トップページ | 羊毛を洗いました »