« 2006年を振り返る | トップページ | 人工授精② »

2007年1月17日 (水)

人工授精①

今日、メリコが発情です。ちょうど冷蔵精液が届きました。
ヤギの交配適期は、発情開始後24~36時間だそうです。
まずは練習も兼ねて、ちょっと早いけど(21:00)、授精にとりかかりました。

あわてて作った保定枠にメリコを入れて、
付属のストローに精液を入れる。
陰部を水で洗い、アルコールで消毒。授精器具も消毒。
膣鏡(膣の中を見やすいようにし、またストローを入れやすくする道具)の代わりのパイプを入れる。
入らない! やはり小型種は穴が小さいのか? どうしよう
ストローのみを入れてみる。
入っていかない!。傷つける恐れがあるので無理できない。どうしよう
油さし容器の先っぽがあった。太さはオスヤギのイチモツと同じくらい。しかし短い。
とりあえずやってみよう。
何とか注入~~~~!!!!
奥で出してないので、不安。

※専用の器具を使って、子宮内部に注入すると受胎率が良いそうです、今回は子宮の入り口付近への注入が目標です。

明日の朝と夜が本番。

長野牧場からのメール
~シバヤギの人工授精は、体格が小さいため精液の注入が難しく、当方が人工授精を行ってもあまりよい成績が出ていません。どちらかといえば経験の少ない方のシバヤギの人工授精はあまりおすすめしません。~

Dsc02208 Dsc02210 Dsc02212

なんだそうです。来月(2/7)が楽しみばい。

|

« 2006年を振り返る | トップページ | 人工授精② »

コメント

ふむふむ。難しそうですね。
陰部を水で洗ったりアルコール消毒をするのはなぜなんですか。
わかるような気もするけど、なんだかよけいなことのような気もしますね^^;

投稿: はたかおり | 2007年1月18日 (木) 15:55

ふむふむ難しそうですね。

いま発情の時期なのかー
どうりでウチのやつらも頻繁にメスのこと追っかけまわしてる。
そういえば今日ウチの床屋が去年に引き続き今年も五つ子生みました。

投稿: やまざる | 2007年1月18日 (木) 20:31

はたさんへ
陰部といっても外陰部です。汚れや細菌を膣や子宮内に入れないための措置です。

やまざるさん
人間の話ですか?!

投稿: T | 2007年1月18日 (木) 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006年を振り返る | トップページ | 人工授精② »