« 人工授精③ | トップページ | 積雪 »

2007年1月24日 (水)

寄生虫被害

あるところで飼われているヤギ(成ヤギ含む)が次々と死んだそうです。

調べてみると、内部寄生虫(線虫、胃虫など)がウジョウジョ。

寄生虫被害も結構あるんですね。

知り合いの獣医さんに聞いた昔話でした。

※寄生虫についての記事(羊)
http://jlta.lin.go.jp/book/sheep/kiji/22_03.html
http://jlta.lin.go.jp/book/sheep/kiji/23_02.html

|

« 人工授精③ | トップページ | 積雪 »

コメント

①ヤギ舎の消毒を定期的にしたほうがいいのでしょうか?その場合、消毒液は・・?
春には子供が生まれるので、その対処をしておきたいのですが・・・。
② 町の施設(自宅から20Km)に寄贈したシバヤギのつがい(生後9-10ヶ月)が死亡したヤギ舎の中に、野生化していたヤギを収容しています。そこで、胃虫、条虫、腸結節虫、コクシジウム(以上書籍による知識)
の駆虫を考えているのですが、それらの駆虫剤はみな
違うのでしょうね?

投稿: とん馬・大分 | 2007年2月 6日 (火) 08:11

①とにかく乾いていることが一番の対策だと思います。
また、消毒薬は有機物(ふん等)と混ざると、消毒効果がほとんど無くなってしまいますので、水洗いで有機物を取り除いてから消毒するというのが基本になります。
コンクリート床以外ではあまり現実的では方法ではないような気がします。
②駆虫について以下のHPが参考になります。使用については獣医師の処方箋が必要となりますので、お近くの獣医師にご相談ください。
http://jlta.lin.go.jp/chikusan/yagi/kisei.html

投稿: T | 2007年2月 6日 (火) 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人工授精③ | トップページ | 積雪 »