« なつかせ方 | トップページ | ゆるやかな傾斜 »

2007年3月11日 (日)

ヤギ小屋移転③

とりあえず引越しました。

まだ屋根が全部できていませんが・・・

Dsc02217 写真左上:露天状態




Dsc00071 土曜日:垂木を乗せた所で降雨のため中断




Dsc00072 四方ワイヤーメッシュ。ケーブルバンドで固定。木材で補強。

|

« なつかせ方 | トップページ | ゆるやかな傾斜 »

コメント

新ヤギ小屋ひとまず完成、おめでとうございます。
福岡は温かいのですね。玖珠(くす)町なら、ワイヤー・メッシュはフェンス向きでしょうね。

投稿: とん馬・大分 | 2007年3月12日 (月) 19:16

冬で氷点下5℃くらいになるときは、ビニールシートで防寒しようと思います。年を通して考えると、暑熱対策と換気のほうに重点をおこうと思いましたので、四面開放畜舎にしました。

投稿: T | 2007年3月13日 (火) 21:59

今回、ヤギ舎建築過程を画像で紹介していただき、ボクだけでなくヤギ飼いの皆様に参考になったに違いありません。ヤギ舎は、「寒気」より「換気」が問題であり、寒くなる前に寒さに馴らしていけば「寒気」には順応すると思います。但し、生まれて間もない子山羊に大しては「防寒対策」が必要ですね。
ヤギ舎作りは、「湿気雨や雪」と「暑さ」、「尿の臭い」、「蚊対策」、「風対策」そして、エサや水やり、糞尿処理などの「作業性」など、「ヤギ飼育」の考えや創意工夫が凝縮されているので、すこぶる参考になります。多謝!

投稿: とん馬・大分 | 2007年3月14日 (水) 09:25

こんにちは~ おおっ!ほぼ完成 おめでとうございます。。。早いですね~~~ 広くなってメリコちゃんが小さく見えるわ~~~

投稿: けんママ | 2007年3月15日 (木) 12:58

師匠、突然ですが、ボクのプログは本日(3月16日付け)で廃止します。リンクまでしてくださったのに、申し訳ありません。今後とのご指導お願いします。

投稿: とん馬・大分 | 2007年3月16日 (金) 12:00

やぎべーもしっかり預かれる施設にしようと思っています。

残念ですが、こちらこそよろしくお願いします。

投稿: T | 2007年3月17日 (土) 13:54

ワイヤーメッシュで大丈夫ですかー?
ウチも部分的に使ったのですがあっというまに壊されました。
頭突きと角が痒いのか角をといでいるのかわかりませんが角で即効でバラバラでした(笑)
オスが多いせいかなー。

投稿: やまざる | 2007年3月17日 (土) 20:40

昔オスを預かっていたときの話ですが、頭突きでひん曲げてくれました。
しかし、柱との接続をしっかりしていれば、伸びたり曲がったりしますが、脱走にはつながりませんでした。

投稿: T | 2007年3月17日 (土) 21:51

① ヤギ飼育のプログやHPでのこういうやり取りは助かります。「ワイヤーメッシュ」のアイディアそのものはいいですね。ただ、直径5mmの鉄筋(1x2mで500円)の建築補助材だから、状況により限界があるのでしょうね。
② ボクの場合は、8坪(約25m2)の4頭繁殖用ヤギ小屋でも総予算5万円程度ですから、例えば6つのトビラでも仮のもので、輸入品パネルをタダで入手したら、全て作り変えます。
③ 繁殖用ヤギ小屋は、出産前後のウォッチングや手当て、獣医や2-3人が寒さの中で入っても大丈夫なように板壁(背板)にしたり、シートで覆いができたり、電気が引き込めるようにしています。
また、寒さだけでなく、作業時の雨対策のために、ボクの場合は、屋根つき通路を重視します。
④ 夏以降に必要になる育成・肥育用ヤギ小屋は、鉄骨で、内部や運動場の牧柵などの強度や、エサ箱、水入れの位置などを、資材を入手しながら時間をかけて楽しみます。
ヤギ飼育しているヤギ舎は、すごく参考になり、またそれを見て、さらに発想が出てきますので、ありがたいです。

投稿: とん馬・大分 | 2007年3月18日 (日) 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なつかせ方 | トップページ | ゆるやかな傾斜 »