« 腹の中の話①(なぜ大量の穀類給与がいけないのか) | トップページ | CAN工房のノリコ »

2007年6月 5日 (火)

腹の中の話②

ヤギには植物繊維が必要です。それもある程度長さのある繊維が必要です。

長い繊維は、第一胃の中で絡まりあい、マットを作ります。

このマットは、第一胃内微生物の良いすみかになります。

もしマットがないと、微生物はエサを分解する前に流されて腸に行ってしまうのです。

微生物が働けないと、エサが酸にならず、ヤギはエネルギーを得ることができません。

また長い繊維は反芻を刺激し、その反芻によって細かくされ、消化されていきます。

よって、長い繊維の少ない野菜や若い牧草ばっかり食べていると、胃の中が不安定になります。そんなエサしかない時期は、長い繊維が豊富な木の葉や皮を組み合せたりしています。

その時も長い繊維のあるものから与えて、先にマットを作ると胃の中は安定します。これは穀類やヌカ類を与える時にも当てはまります。

うちでは若草が多い所に放牧するときには、先に長い繊維があるものを与えてから外に出します。鼓脹症のリスクも減ると思います。

(次回はタンパク質の話)

|

« 腹の中の話①(なぜ大量の穀類給与がいけないのか) | トップページ | CAN工房のノリコ »

コメント

「長い繊維が絡み合って、微生物が住みつくマット」ができないと、”未消化(吸収される酸に転化しない。)”となったり、”下痢”あるいは”鼓脹症”を引き起こすのですね。人間の胃液は酸性の”酵素”ですね?だとしたら、微生物による消化がなされるヤギ・牛などに対する胃腸薬とか下痢止めは違うのですか?

投稿: 楽農家・大分 | 2007年6月 6日 (水) 19:49

第四胃が消化酵素を出す人間と同じ働きをもつ胃です。
第一~三胃は食道から発達したものらしいです。
第四胃に薬がとどく前に、第一胃で分解される可能性もあります。
整腸剤に牛用のビオフェルミンがありましたが、(人用よりは安かった記憶があります。注:ヤギに使えるかは獣医師に聞いてみないとわかりませんが)そういうやつは同じかもしれませんね。

投稿: T | 2007年6月 8日 (金) 06:07

サイレージ成功おめでとうございます。
冬期の貴重な餌確保になりますね。
こちらも、只今準備中です。
職業柄、1斗缶がありまして、その中にナイロン袋に入れ
重石をして、三段ずつ重ねて軒先の隅に寝かせています。
年間30缶ほどが目標です。
初秋には、人食用?のコーンの茎を裁断して漬け込みます。
デントコーンと同じ畑では、食用はダメになっちゃいますので、せっかくだから、人間様も食べられるコーンを栽培しています。遺伝子組み替えでない飼料自給を目指していますが、なかなか難しいですね~(涙)

別の記事で拝見しましたが、食べ残された太い茎は、これだったら農業用裁断機でなくても、家庭用シュレッダーで、粉砕出来るかもしれませんね。(生か乾燥して)
もし粉砕出来たら、混ぜて与えたり、鶏さんにもあげられますね!

また、人間用ビオフェルミンが自宅にありまして
使用したところ、お腹の調子は良くなりました。
しかし、薬事法とかはOKなのでしょうか?

投稿: あぶたろう | 2007年6月 8日 (金) 12:12

あぶたろうさんへ
ありがとうございます。
でもこの時期のサイレージ開封は二次発酵をおこし難しいですね。あぶたろうさんのところみたいに1斗缶くらいの量を多く作ったほうが良いみたいです。それかやっぱり冬用ですね。
人用ビオフェルミンですが、法的にはやばいかもしれません。

投稿: T | 2007年6月 8日 (金) 21:14

以前、ヤギがお腹を壊した事がありまして、元の飼い主、『ペータ』さんに相談したところ、人間用の整腸剤と、ポカリスエット、リポDで様子を見てくださいって言われました。
処方した後の愛染は、元気そのもので、ウンチも正常でした。
ペータさんは酪農家ですが、ヤギに関しては試行錯誤したのかも?
新潟は、ヤギネットの参加もすくないですからねー。

投稿: 亮 | 2007年6月 8日 (金) 22:52

亮さんへ
獣医師と付き合いがないと、ヤギ用の薬は手に入りにくいですもんね。病気したときは、手軽に入手でき、効くものだったら使いたくなりますが、この場(ネット上)では薬は「用法・用量を良く守りお使いください」としか言えません。

投稿: T | 2007年6月 9日 (土) 21:50

はじめまして。ヤギ飼い初心者です。
突然の質問,失礼いたします。
「長い繊維」とは例えばどういうものでしょうか?
今,クズの葉をよく食べているのですが,つるもハミキリで切って食べさせています。そういうので良いのでしょうか?

投稿: Hyaru | 2007年7月17日 (火) 22:10

はじめまして。コメントありがとうございます。
良いと思います。クズはうちも大好きです。
物理的な長さは3cmあれば十分です。
短いとは粉状のものやそ、れを固めたペレット状のものです。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: T | 2007年7月17日 (火) 22:44

さっそくのご回答ありがとうございました。
> 粉状のものやそれを固めたペレット状のものです
うちの仔はまだ育ち盛りということで,仔牛用の配合飼料
をちょっと与えていますが,ものすごく好きみたいです。
盗み食いしないよう,厳重管理してます。

投稿: Hyaru | 2007年7月19日 (木) 19:52

盗み食い→鼓脹症のパターンは結構多いです。

投稿: T | 2007年7月20日 (金) 06:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腹の中の話①(なぜ大量の穀類給与がいけないのか) | トップページ | CAN工房のノリコ »