« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

山羊サミットin鹿児島参加

第十回全国山羊サミットin鹿児島に参加してきました。

朝早く車とJRで鹿児島へ出発。

初めて「特急かいおう」に乗りました。相撲取りの名前が特急の名前になっている変わった特急です。

新八代(熊本県)から九州新幹線つばめに初乗車(変換ミスで発情者となってしまった・・・)。トンネルばっかりでほとんど地下鉄状態。

さて、やっとこさ九州の南端近くの指宿(いぶすき)に到着。

会場入りすると山羊グッズを販売しているはたさんとyyおばさん、ととさんに初対面。

笑顔が素敵な元気な方たちです。

サミット参加者は推定140人くらい。

Dsc02255 講演・発表・演奏などありましたが、一番興味深く聴いたのは、ヤギのと殺に関する発表で、と場での解体方法や沖縄での問題点など参考になる点が多かったです。

夜はメインイベントの交流会。羽太雄平さんといろいろなお話できおもしろかったです。食事終了後、yyおばさんとお話しする予定でしたが酔いちくれて11時頃には寝ていました。

翌日、ロビーの前で実行委員でもある椿屋敷農園の春さんと初対面。僕のことを女性だと思っていたらしく、毛が薄くなりだしたアンちゃんを見て驚かれていました。

実行委員の皆様ありがとうございました。

次に、特設会場での山羊汁といろいろなヤギコーナーです。

トカラ、ボア、ヌビアン、韓国黒などが勢ぞろい。その中での山羊汁はかすかに雄ヤギの臭いがしていました。

Dsc02262Dsc02264    Dsc02269Dsc02266Dsc02276

そして、オスの臭いを感じつつ(な~んか残っているんですよね)、電車で帰宅。

家ではヤギたちが腹をすかしてメーメー鳴いていました。

※鶏:NDワクチン

| | コメント (17)

2007年9月28日 (金)

芽が出らん

9月上旬播きエンバク+イタリアンの芽がい~っちょん出ません。

原因として

①去年の余りの古種を使ったこと。
 (一応、冷蔵庫で低温貯蔵はしていましたが)

②9/9の播種以降クソ暑かったこと。9temp

が考えられます。

さあ、12月からの冬用エサをどうするか? 計画が狂うてしもうたばい。

芋焼酎プロジェクトの芋づるもあるけど干さんといけんき、天候次第なところが不安。

まあ乾草買うてくれば、なんちゃないんですけどね。

とりあえず10月上旬にイタリアンを播きなおそう。

| | コメント (2)

2007年9月25日 (火)

おとし玉

ひさしぶりにクッキーのまたぐらを見たら、

去勢していた玉が落ちていました。

Dsc00202 右がクッキー

落ちた玉は行方不明。(探してもいませんが・・・)

| | コメント (6)

2007年9月24日 (月)

四国遠征

学生時代からの友人の一人がアメリカ駐在になるというので、壮行会を兼ね四国に4人(千葉、佐賀、福岡、香川)集結しました。

Dsc00201_2 瀬戸大橋を電車で渡り、四国上陸。

昼飯はやはり「讃岐うどん」。「頼むから注文の時、讃岐うどんくださいとは言うな」と釘を刺されつつ、釜あげうどんを堪能。

Dsc00199 「どっか名所に行きたい」と銭形平次のオープニングで有名な「銭形」見学。これは銭形平次のために作ったのではなく、昔からあるものだと学習。

夜、ふらりと入った食堂で食事。そこのオーナーがうちの町(T郡K町)に住んでいたと判明。すごい偶然です。

夜中はいろいろな話をしましたが、年金、健康、頭髪、家庭問題などの話題も多く、年月の流れを感じました。

翌日、ブランチにやはりうどん。讃岐うどんは「麺のコシが強い」というのが特徴で、僕なんかは一生懸命噛まないと食べきらんのですが、香川県人は噛まずにのむという特技を持っており、一玉三口で食べてしまいます。

その後「カツオが食いたい」とのわがままなリクエストに応えてもらい、高知へドライブ。

Dsc00195_2 Dsc00194

桂浜とカツオのタタキ

Dsc00193高知を堪能した後、家に帰り酒飲み。昨日話尽くしたのか口数も少なくポヤーっとテレビを見ていると、「金比羅様に参ろう」ということになり、22時前からほろ酔い男4人組が金比羅詣に出発。さすが天下の金比羅様、心臓が破れそうになりアルコールも吹っ飛びました。

本宮でお参りした後、変な声が聞こえたと思ったら、ムササビ~! いいものみさせていただきました。

Dsc00192そして本日、昼飯はやはり「うどん」。最後ということで有名店に行くと長蛇の列。30分以上並びやっと食べ、お土産買って(当然うどん)、楽しい旅は終わりました。

明日から仕事だ~

※今回お世話になった香川の縦チン君(仮名)のHP「四国釣魚大全」をリンクしました。 

| | コメント (3)

2007年9月20日 (木)

スーダングラス1日分

最近、帰宅後暗闇の中で1日分のスーダングラスを刈っています。

Dsc00191 子ヤギも大きくなってきて食べる量も増えました。

写真は1日分(少し不足気味)。

| | コメント (2)

2007年9月16日 (日)

子ヤギの成長⑦

Bw070916 3匹とも成長鈍化。

理由:3匹が3匹とも太ってないのでだいたい予想がつきますが、ブログ上では伏せておきます。

食欲、呼吸、反芻、糞、元気は良いので心配はしていません。

来週再来週と週末はちょっと出かけるので(ひとつは山羊サミット)、体重測定はしばらくお休みです。

※クッキーの角が少しはえてきたので再び除角

| | コメント (11)

2007年9月15日 (土)

子ヤギの遊び台

ヤギは高い所が好きです。

200Lのプラスチック缶が手に入ったので遊び場を作ってみました。

上には滑り止めのためブロックを置いています。

子ヤギたちはコンテナを踏み台にして駆け上っています。Dsc00190

| | コメント (2)

2007年9月11日 (火)

放牧地のチカラ

Dsc00180 現在、放牧地(約90㎡)を3区画に分けています。

ヤギが食べてツンツルテンになったメヒシバ・エノコロ・バヒアグラス主体草地を1週間休ませ、草がある程度伸びた後にヤギ(親1、子3 合計体重:推定60㎏)を入れると1区画(約30㎡)何日もつか試してみました。

結果:1日・・・

逆に考えると、うまく草地を回していくためには、1区画1日で8区画(8×30㎡=240㎡)必要ということになります。(1日食べさせて7日休ませる)

当然、気温、草種、ヤギの体格・頭数によって大きく異なりますが。

限られた土地しかないため、放牧地の牧養力を高める努力をしていかなければなりません。まずはノシバ主体草地にしたいです。

※雑草地の草刈目的でうまくヤギが草を食べてくれないといった話をよく聞きますが、ヤギは草の先っぽ(成長点)が好きなので、いっぺん草を短く刈った後にヤギを入れると、草丈を短く保ってくれます。

| | コメント (15)

2007年9月10日 (月)

梱包乾草の作り方

Dsc00184 コンテナを使って乾草を梱包する方法を紹介します。

Dsc00183 適当な長さのひもを2本セットします。コンテナに鋸で切れ込みを作っておくと便利です。

Dsc00187 草を少しづつ入れ、足でよく踏み込みます。

Dsc00186 最後は踏みながらひもを結びます。

Dsc00182 ひっくり返して出来上がり。

| | コメント (6)

2007年9月 9日 (日)

晩夏播きエンバク+イタリアン

冬用の青草のため、エンバクとイタリアンライグラスの種を播きました。

収穫予定は12月くらいからです。

Dsc00189 左側:耕起・播種した所

右側手前:スーダングラス。スーダンの後は12月播きエンバク

右側奥:雑草をもう一回取った後、10月播きイタリアン

※4匹駆虫

| | コメント (4)

2007年9月 8日 (土)

子ヤギの成長⑥

もうそろそろ体重測定を週1から月1ぐらいにしようかなと考えていましたが、やり始めるとしないと気持ちが悪くなったので今週も量ってしまいました。

Bw070908 ことみの成長ペースが増加しています。

除角後の状況ですが、なんとか角は生えてきていないようです。ちょっとクッキーの右側後らへんが気になりますが・・・

| | コメント (4)

2007年9月 4日 (火)

子ヤギの悪い癖

子ヤギと親ヤギを同居させる際、うちでの問題は子ヤギがエサ箱に登ることです。(特にピー)

乗るだけならいいけど、大事な草にクソやションベンばりやがるんですよ。
(ばる 動詞 =排泄する)

首突っ込む所を狭くすると親が食べにくそうだし、ちょっと広かったら子ヤギが登るし・・・

知恵比べです。

もうちっと子ヤギが大きくなったら解決するんですけどね。

Dsc00167

| | コメント (13)

2007年9月 3日 (月)

花が咲いた

金曜日に職場の天井から水が降ってきました。

月曜日には花が咲いていました。

Dsc00164

カビって凄いですね~。

この部屋で仕事する時マスクかぶってしよ。健康に悪そうです。

はよ修理しちょくれ。

| | コメント (5)

2007年9月 2日 (日)

胸囲から体重を推定する

牛では体重推定尺というのがあって、胸囲から体重を推定しています。ヤギでも同じことができないのでしょうか。

形が相似であり、体組成も同じであれば体重はサイズの比の3乗に比例するはずです。

例えば立方体の場合
10cm×10cm×10cmでは容積は1000cm^3=1L=水だと比重1なので1L×1=1kg
サイズが2倍になると
20cm×20cm×20cm=8000cm^3=8㎏→サイズ2倍の3乗で8倍

ヤギの本等に載っている体重と胸囲のデータをグラフにしてみると、

Ygbw 胸囲の2.7乗に比例しています。

理論値の3乗に近い数字ですが、たぶん子ヤギは体組成中の水分が多く、足も短いため またシバヤギとザーネンの足の長さが影響し『大きいヤギは足が長い=軽い部分が多い=小さいヤギほどサイズに比べて重い=3乗よりも少し数値が低くなる』ものと考えられます。

この式からメリコ(胸囲81cm)の体重を推定してみると 45kg±5

重いはず

確認したいので、気合をいれて量りなおしてみるか

また、ことみ(胸囲39cm)の推定体重は6.2kg 実際は4.8kg あまり小さいヤギには当てはまらないようです。

※なお、この計算式で推定された体重に基づいて行ったことについて、僕は責任を負いませんのでご了承ください。(データが少なすぎるんですよね~)

追加:胸囲を測る位置 前足の後 図の赤線の辺りの胴の周囲を測ります。
(モデル:白河ザーネン去勢君)

Kyoui

| | コメント (8)

2007年9月 1日 (土)

子ヤギの成長⑤

Bw070901順調に育っています。クッキーも去勢ショックからうまく立ち直った模様。

こうしてみると、除角はさほど増体に影響を与えず、去勢はかなりのショックを与えることがわかります。

ついでに長年の懸案であったメリコの体重測定に挑戦。

小さい体重計しかないので、抱えた時の重さから僕の重さを引く方法を取りました。が

重たいい・・・・・・

鵯越の畠山某のようにはいかず断念。

そこで、胸囲から体重を推定することにしました。

次回は、ヤギの胸囲と体重の関係について考える のこころだ~

| | コメント (6)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »