« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

頭絡の作り方

頭絡の作り方を紹介します。

今回はヤギの顔に食い込みにくいように幅広ロープで作ってみました。

①ロープを折り曲げ大きい輪(A)と小さい輪(B)を作りる。輪を伸ばした時の長さはヤギの大きさにもよりますが、成ヤギの場合、A15cm、B3cmくらいでしょうか。調整してみてください。

②下に垂らした部分を輪(C)を作りつつ上に折り曲げ、大きい輪(A)と小さい輪(B)の間にはさむ。

③小さい輪(B)を斜め下に折り曲げる。

④大きい輪(A)を斜め下に折り曲げ、③で折り曲げた小さい輪(B)の上を通りながら、②で作った輪(C)にくぐらせる。

⑤三方を引っ張り締める。ここまででほぼ完成。

⑥大きい輪(A)の先をわっかにしロープの先端を通し、締める。ここでできた輪(D)が耳の後ろから鼻にかけての部分になる。輪(D)の大きさは調節できる。

⑦ロープの先端を小さい輪(B)に通す。完成!⑧はめ方は、まず輪(D)を耳の後ろに引っ掛け(角がある場合は角でも可)、次に輪(E)を鼻~口に通す。そして輪(D)をきっちり締め、それからロープの先端を引っ張り輪(E)を締める。

Dsc02281 Dsc02282 Dsc02283 Dsc02284 Dsc02285 Dsc02289 Dsc02286 Dsc02287 Dsc02288 Dsc02291

Dsc002122 

| | コメント (4)

2007年10月25日 (木)

ヤギの保定方法

ヤギのツメ切りをする時、前足は簡単なのですが、後ろ足を持ち上げると結構暴れるので大変です。

そこで、動かないようにする(保定)ためにこのような方法でやっています。

Dsc00212 Dsc00213

頭絡(とうらく=もくし、etc.)を使って、顔を固定

首輪につないだひもを脇から回して胴体を固定

動きが制限されているので足を持ち上げやすくなりました。

うちでは鯉のぼりの土台を活用。

頭絡は自分で簡単に作ることが可能。

| | コメント (7)

2007年10月23日 (火)

クッキー島根へ

クッキーが行く所は島根県のどんちゃんパパさんの所です。

下関で引き渡すことになり先日行ってきました。

軽トラックに枠を立て出発!

ヤギを載せて高速道路を走るのは初めてなのでちょっとドキドキです。

Dsc02279 途中のサービスエリアでトラックに載った牛さんたちを見ました(たぶん大阪で肉)。

クッキーもタイミングが悪ければ同じ運命かなとも考えつつ関門橋を突破。

下関では「どんちゃんパパさん」に加え、鳥取から「うーぱーさん」、地元山口から「じむちょうさん」も合流し、楽しいひと時でした(ミクシィつながり)。4人とも変わっているというかスキですね~^^

海上保安庁の職員に見守られながら、無事引き渡し完了。じむちょうさんとうーぱーさんからお土産をいただき恐縮です。ありがとうございました。

家に帰るとメリコと二匹の子ヤギたちは何事もなく「エサくれー」と鳴いていました。

Dsc02280 いただいたヤギのおもちゃ。

家に帰るとうちのチビ太がキャッキャッいって引っ張っていました。

すでに帽子は取れています・・・・・ すんません

※ヤギの異動。動かす時も残す時も複数いればそんなにストレスは感じない。

今までの経験です。

| | コメント (14)

2007年10月20日 (土)

子ヤギの成長⑧

Bw071020近いうちにクッキーが出て行くので、最終お手入れを兼ねて体重測定を久しぶりにしました。

順調に育っているみたいです。

個体データ(07,10,20現在)

名前:クッキー

品種:雑種

性別:オス(去勢)

日齢:85日

体重:10㎏

胸囲:48cm

毛色:白

角:有角(除角済み しかし、すこ~し残っています)

肉髯:無し

毛髯:不明

※4頭とも削蹄(子ヤギは整える程度)、クッキーのみ駆虫

Dsc00209

| | コメント (5)

2007年10月15日 (月)

イモ作ってイモ焼酎プロジェクト

最近、仕事やいろいろ忙しく久しぶりのブログ更新です。

そのいろいろ忙しいひとつが「イモプロジェクト」

日曜日に120名ほどの会員さんと一緒に収穫しました。

半分は手掘り、残りはイモ堀機を使用。

このプロジェクトは重労働系なので、イモ挿しの時もそうでしたが、時間がたつにつれ「こりゃ、はよせな終わらんぞ」とみなさん無口になり仕事が速くなっていきます。人力恐るべし。機械よりも広い面積を掘り上げてしまいました。みんなすごい!

月曜日(今日)朝6時からコンテナにつめたイモを回収して出勤。

近いうちに、酒造会社に持ち込んで焼酎つくりです。

詳しくはmixiのhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=592974959&owner_id=5730850 に載っています(しましまさんのページ)。

写真:左から イモ畑  イモ  芋堀機(動画はコチラ

Dsc00208 Dsc00207 Dsc00204 Dsc00203

※畑には腐るほどのイモヅルが残っていますが、持って帰る元気がないのでそのまんま。

| | コメント (6)

2007年10月 8日 (月)

イタリアンライグラス播種

猛暑にやられた9月播きの播き直しも兼ねてイタリアンライグラス播種(一部エンバク)。

スーダングラス1番草がやっと終了しました。最後らへんに刈った部分の2番草は時期的に期待できませんが、9月に刈った部分は10月いっぱいは利用できそうです。

| | コメント (2)

2007年10月 7日 (日)

山羊サミットに参加して得た情報

ここのところ忙しく青草も刈る暇がなくて、冬用にとってある虎の子の乾草を食わせていました。

全国山羊サミットで得た情報です。

①三つ子の場合は、弱い子ヤギを人工哺乳するのではなく強い子ヤギを人工哺乳したほうが良い。=強いやつは人間が世話しても育つ

②小型ヤギ♀にザーネン♂をかけた場合、難産の心配は少ないが単子の場合子が大きく難産の可能性もある。

③小型ヤギは肉量が少なく、長距離輸送コストに合わない。

④韓国では松の葉を与えている。

⑤雑種ヤギはザーネンの血が濃いほど腰麻痺発生の可能性がある。

| | コメント (8)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »