« ヤギ探しています情報 | トップページ | 分娩の兆候(体の変化) »

2007年11月10日 (土)

電気牧柵にちくわ?

ヤギを放牧する際に大きな効果がある電気牧柵。

ヤギの放牧の時に怖いのが犬の被害。

今考えている放牧用電気牧柵は1.2m5段張りです。これで犬を侵入をかなり防げるとは思いますが、万全を期すために情報収集をしました。

知り合いのアイガモ米栽培農家に聞くと、

ネットタイプでは大丈夫だが、段張りではまれに犬が電気牧柵につっこんで入って来ることもある。(ネットタイプは高額)

対策として、ヤギを放す前に電線にちくわをぶら下げ、近づいてきた犬に電気牧柵の恐ろしさを覚えさせる。

犬の興味がヤギにいく前に実行しておくことが重要とのこと。

来年やってみよう。

|

« ヤギ探しています情報 | トップページ | 分娩の兆候(体の変化) »

コメント

なるほど・・知的に高い生き物対策には
人間の方も、策略が必要なんですね・・!

うちの近くにも
カルガモ農法している田んぼがあります。
毎年、園児がコガモを放すところから始まります。

投稿: うーぱー | 2007年11月11日 (日) 08:19

知恵比べですね。
来年は耕作放棄地などにヤギを放そうかと計画しています。
犬にやられない方法を確立したいです。

投稿: T | 2007年11月11日 (日) 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤギ探しています情報 | トップページ | 分娩の兆候(体の変化) »