« 切りすぎた | トップページ | 太ってきた »

2008年2月 3日 (日)

こんな法律あります

化製場等に関する法律(抜粋)

第一条  この法律で「獣畜」とは、牛、馬、豚、めん羊及び山羊をいう。

 死亡獣畜の解体、埋却又は焼却は、死亡獣畜取扱場以外の施設又は区域で、これを行つてはならない。ただし、食用に供する目的で解体する場合及び都道府県知事の許可を受けた場合は、この限りでない。
 都道府県の条例で定める基準に従い都道府県知事が指定する区域内において、政令で定める種類の動物を、その飼養又は収容のための施設で、当該動物の種類ごとに都道府県の条例で定める数以上に飼養し、又は収容しようとする者は、当該動物の種類ごとに、その施設の所在地の都道府県知事の許可を受けなければならない。
 次の各号の一に該当する者は、これを一年以下の懲役又は三万円以下の罰金に処する。
 前条第一項の規定に違反した者

第十一条  左の各号の一に該当する者は、これを一万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。
 第二条(第八条において準用する場合を含む。)の規定に違反した者

解説すると

ヤギを飼う場合
死んだヤギを許可無く埋めたり焼いたりしたら、一万円以下の罰金又は拘留若しくは科料
知事(所によっては市町村長)が指定した区域内では、決められた頭数以上を飼う場合は許可が必要。違反すると一年以下の懲役又は三万円以下の罰金

ちなみに福岡県の場合
第九条は市長村の管轄で
牛、馬、豚:1頭以上
鶏:100羽以上
めん羊、山羊:4頭以上
あひる:50羽以上

うちの町にはこの指定区域はないそうです。

|

« 切りすぎた | トップページ | 太ってきた »

コメント

ということは
私の場合

一万円以下の罰金又は拘留若しくは科料


が適用されてしまう(><)

投稿: どんちゃんパパ | 2008年2月 3日 (日) 10:07

都道府県知事の許可を受ければ埋めてもいいの?
栃木県はたしか、ヤギが死んだら家畜保健衛生所に調べてもらわなきゃならないんだけど、感染症に罹って死んだかどうかは調べると思うけれど、死因を調べてくれるわけじゃないのかなあ。
どうせ連れて行かなきゃならないなら、死因を調べてほしいよね。焼却も他の家畜といっしょで骨はもらえなさそうだし。

投稿: はたかおり | 2008年2月 3日 (日) 10:43

愛玩で飼っていても、さすがは家畜って感じですね。酪農家さんの家畜に感染したりすることを考えると大事なのでしょうね。でも、以前仔羊が死んでしまうという時に、獣医さんに引き取りますか?お宅に埋めますか?と聞かれて畑に埋めました。ヤギが死んだ時に診てもらった動物園の獣医さんも何も言っていませんでしたが・・・。大動物を飼うのにはいろいろ知ってないといけないんですねぇ。

投稿: とと | 2008年2月 3日 (日) 22:48

家畜保健衛生所(以下家保)

どんちゃんパパさんへ
家保などに相談された上の行為でしたら問題なしと思います。

はたさんへ
許可申請書があります。
1歳以上のヤギが死んだ時、家保で検査しなければいけないというのはTSEで、また別の法律で決められた検査です。

死因の確定は死んだ時頼めばしてくれるかもしれませんね。近くの学校で寄生虫による被害がわかったこともあります。

(福岡の場合)TSE検査は脳みそだけつくばに送って検査し、体は家保で焼却します。担当者にお願いしていたらお骨は帰ってきました。

ととさんへ
1歳未満のヤギやヒツジはTSE検査はしなくていいです。
幼畜の場合、家保に相談すると「そのまま埋めて良いですよ」という話も結構聞きますので、この法律の取り扱いがどう行われているのかよくわかりませんが、もしもの時はとりあえず家保に相談します。

投稿: T | 2008年2月 3日 (日) 22:51

大変勉強になりました

投稿: どんちゃんパパ | 2008年2月 4日 (月) 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切りすぎた | トップページ | 太ってきた »