« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

時代劇

僕は時代劇が好きな子供でした

右と左を覚えたのが、助さんと格さんの位置でした

死して屍拾うものなし といつも行っていました

五円玉を投げました(当然橋蔵)

よよよい、よよよい、よよよいよい としめていました

大岡越前の吉宗の暴れん坊将軍とは違ういかがわしさが好きでした

部下に「成敗!」と手を汚させる暴れん坊は嫌いでした

でも爺(有島一郎)は好きでした

すきま風を歌っていました

紫頭巾が好きでした

たまに見せる西郷輝彦の桜吹雪を楽しみにしていました

かんざしを回していました

**************

時代劇を見なくなって久しいこの頃

息子がいつのまにか水戸黄門にはまっています。

しばらくぶりに見ると

助さん格さん!顔が小さいぞ~ それに歌(トホホ)

やっぱり時代劇は顔のでかさやね

| | コメント (7)

2008年5月26日 (月)

隣々町のザーネン

先輩の知り合いとその友人が最近ヤギを飼い始めたらしい

仕事帰りにお宅訪問

Dsc00303おお、なんと立派なザーネンちゃん(鹿児島県出身:♀:6ヶ月齢)

なんでも、あの萬田先生ゆかりのヤギだそうな。

1匹では寂しがるので、オスヤギも飼う予定とのこと。

産ませて、搾って、飲んで、食って 

この先、楽しみです。

 

 

将来、ほんとに食糧危機になった時には やはりヤギ!

| | コメント (6)

2008年5月18日 (日)

ノシバの苗作り

放牧地のノシバ(野芝)草地化計画

早くノシバを繁茂させるためにはポット苗を作る方法が良いらしい。

去年も一度挑戦してみた。が管理不十分などでイマイチの結果。

今年はいろいろと変更してみて再挑戦。

変更点

①ポット容積を大きくしてみた→保水力UP

②土を園芸用育苗培土にしてみた→保水力、排水力、肥料分向上

③良い状態の親シバの確保

さて、うまくいくかどうか

Dsc00299 なぜシバ草地なのか?シバ草地の作り方はこちら

シバ草地造成マニュアル

和牛のノシバ放牧

 

※3匹ツメ切り

| | コメント (5)

2008年5月10日 (土)

ガーデンシュレッダー

ヤギに草をやる時に細断すれば無駄になる量が減ります。

Dsc01791 今まで特製ハサミでやっていたのですが、一度に大量に細断する場合疲れるし、仕事も忙しくなり時間が惜しいので、ガーデンシュレッダーの導入を検討していました。

このブログでも以前よりいろいろと情報をもらっていたのですが、ちょっと特別ボーナスがあったので思い切って買ってしまいました。ちなみにギア刃式です。

Dsc00297 ●使い勝手調査報告

まず、購入乾草の場合、投入口(これが狭い!)に入るようにほぐしてやるほうがヒマがいるので、ハサミのほうが早い。つまり短くてかさばるやつではヒマがかかる。ダメ

次にイタリアンや麦などの草の場合

生草:わりかし調子よく切れるが、だんだん葉が刃に巻き付く。いまいち

半乾き草:播きついてダメ

この段階で、「失敗した~」と凹み気味でしたが、自作乾草で試してみると、

シャキシャキ切れる グー!

イナワラでもグー!

夏のスーダンやソルゴーにも良さそうです。

●まとめ

切るスピードはそんなに速くない。一度に大量に入れられない。という特徴があり、細くて長く、硬さがあるものにはある程度投資効果がありそうです。

 

 

Dsc00298 Dsc00296

今春作った乾草(イタリアン、エンバク)

細断した乾草の作り置き。こうしておくと平日が楽で、自分が不在の場合でも人に頼みやすいのです。

| | コメント (6)

2008年5月 5日 (月)

ここだけ芋焼酎「たばらそだち」会員募集!

今年もやります!!!ここだけ芋焼酎「たばらそだち」

会員さん大募集!!!

自分たちで一から育てたサツマイモで焼酎をつくって(もちろん合法的に)、みんなで楽しもうという企画です。

会員の条件

①所定の会費を納入していただくこと

一升会員:焼酎一升+芋掘り代:4,000円

四合会員:焼酎四合+芋掘り代:3,500円

②芋挿し、草取り(2回)、芋掘りのうちひとつ以上に参加していただくこと

③成人であること

です。

会員特典

①ここだけ芋焼酎「たばらそだち」を購入できる。追加もOK(一升2,300円、四合1,800円)

②オリジナルビンラベルを作ることができる(別料金500円)

③掘った芋持ち帰り(約3kg前後)

④収穫祭や酒造会社見学などのイベントに参加できる。

⑤たばらそだち通信を購読できる。

   

土から育てる芋焼酎「たばらそだち」

土の暖かさに酔う心地よさ

を一緒に楽しみませんか?

P1 P2 P3 P4

| | コメント (5)

2008年5月 4日 (日)

乾草作り

やっとこさ神幸祭も終わり一息ついた感じです。

天気に恵まれ、乾草作りもはかどりました。

Dsc00293 Dsc00295梱包したイタリアンライグラス

乾燥中のエンバク

 

乾燥を効率的に進めるために、草をひっくり返す作業に「反転」があります。

この作業を楽にするためにヘイフォークという道具があるのですが、今年は自分で作ってみました。古いフォークヘッドに長い柄を付けたものです。

Dsc00294腰に負担がかからず楽でした。

| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »