« ノシバの苗作り | トップページ | 時代劇 »

2008年5月26日 (月)

隣々町のザーネン

先輩の知り合いとその友人が最近ヤギを飼い始めたらしい

仕事帰りにお宅訪問

Dsc00303おお、なんと立派なザーネンちゃん(鹿児島県出身:♀:6ヶ月齢)

なんでも、あの萬田先生ゆかりのヤギだそうな。

1匹では寂しがるので、オスヤギも飼う予定とのこと。

産ませて、搾って、飲んで、食って 

この先、楽しみです。

 

 

将来、ほんとに食糧危機になった時には やはりヤギ!

|

« ノシバの苗作り | トップページ | 時代劇 »

コメント

ザーネンって6ヶ月で、もうこんな大きさなんですね。。。顔も長い。やっぱりうちの雪ちゃんはシバ山羊の血が濃いんですねぇ。

食糧危機・・・長く飼ってると食べれるかなぁ。とりあえず、雪ちゃんは食べれません(^^;

投稿: 福cyan | 2008年5月27日 (火) 00:31

やぎを見るときの萬田先生、完全にやぎの顔になってますもんね~。
確実にやぎ人口を増やしておられますね^^
わたしもななとむっくは食べられないなー^^
反対に食べられそう。

投稿: はたかおり | 2008年5月27日 (火) 07:59

ザーネンをたまに見ると顔つきも違いますし、やっぱり大きいですね^^。

去年お会いした先生はヤギのようでした^^

食糧危機は現実味をおびてきました。うちでは条件が揃えば飼いヤギを食べるでしょう。

投稿: T | 2008年5月27日 (火) 22:54

萬田先生ゆかりのヤギだなんて,畏れ多くてますます食べられやなんかしませんね。うちはとりあえずミルクかな?
ところでミルクといえば,クリームセパレーターの構造ご存知ないですか?

投稿: Hyaru | 2008年5月28日 (水) 18:35

大丈夫ですよ。萬田先生は自給的ヤギ飼育を勧めていますから^^

クリームセパレーターのことを調べてみますね。

投稿: T | 2008年5月29日 (木) 21:38

> クリームセパレーターのことを調べてみますね。
ありがとうございます。いろいろ調べてるのですが,どうも仕組みがわかりません。
このバター不足時代に,ホモ牛乳からでも大丈夫な家庭用バター製造機で一攫千金を狙っています(笑)。

投稿: Hyaru | 2008年5月30日 (金) 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノシバの苗作り | トップページ | 時代劇 »