« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月21日 (月)

子ヤギの成長⑪~最終回~

ことみ&ピーもあと1週間で1才です。

さて、1才前ということで、脳みそ検査無しで肉にできるギリギリの時期です。

その時の体重=肉生産量のデータが欲しいので、重い二匹をかかえ体重を量りました。

Bw080721 ことみ31kg、ピー27.6kg

だいたい30kgとして、精肉歩留28%(萬田先生の本より)をかけると、精肉8.4kg

ほぼ草だけで(一部、親の乳生産のために穀物を使用)8.4kgの肉。

日本人一人当たり年間食肉(牛豚鶏)摂取量:だいたい30kgらしい

うちは6人家族。2匹で約1ヵ月分の肉 ほぼ国内自給

  

今回は飼養目的が違うので食べませんが、将来に向けて良いデータが取れました。

  

もう子ヤギではないので、子ヤギの成長シリーズをひとまず終了。

今後は僕がかかえられる重さまでデータを取ろうと思います。

※体重測定のついでにちょっと早いけど4匹ツメ切り

| | コメント (6)

2008年7月20日 (日)

永年草地

ノシバの永年草地の夢

ノシバの苗を作って植えて広げようとしている間に

バヒアグラスが勢力拡大

永年草地がほぼ完成したようです。

Dsc00331 Dsc00332  ちょっと複雑な気分ですが、まあいいか

  

  

Dsc00333

ミントをアルコールに漬けてみました。

アルコールはちょうどホワイトリカーが売り切れていたので、消毒用の無水アルコールをうすめて使いました。アルコール単価にはこちらのほうが安かったです。

実際に蚊にスプレーする時の濃度はどれくらいなのか、これから実験です。希望としては100倍希釈くらいでも効果があって欲しいですね。

※本日、はるばる佐賀から「こうじさん」がザーネン(去勢)を取りにおいでになりました。

お疲れ様でした。

| | コメント (8)

2008年7月12日 (土)

蚊対策-物量作戦

Dsc00326ムシコナーズ系はイマイチ(蚊が対象じゃないので文句は言えません)なので、液体式の殺虫剤を3個ぶら下げました。

すると、蚊が寄りません

現在、タイマーで17:00~8:00稼働

  

腰麻痺発症のリスク(品種・環境によって違います)

腰麻痺予防薬の乳・肉への残留リスク(休薬期間を守ればいいのでしょうが・・・)

液体殺虫剤のリスク

リスクは0にはできません。さあどれを取るか

もっとも網戸の中で飼うのが、腰麻痺対策には一番なんでしょうね。でも放牧したいし・・・・  

   

殺虫剤を使わない方法で、ミントエキス抽出液の吹き付けがあるといいますが、試してみようと思います。いつもヤギにかけないと効かないのか、効果の持続時間はどれくらいなのか、コストはどれくらいなのか(抽出用のアルコール代)等興味があります。

| | コメント (3)

2008年7月 5日 (土)

預かりヤギⅡ

貰い先を探しているザーネン2匹のうち、もう一匹(去勢)を引き取りに行って来ました。

Dsc00323しばらくぶりに見るとザーネンらしくなっていました。

  

  

Dsc00325まずは体側。胸囲94cm 体長84cm →推定体重62kg 結構大きい

ツメ切り:大きいので、足上げ方式で実施。簡単にできました。今までいろいろ切ってきましたがザーネンのほうが暴れません。これは全国共通なのでしょうか?

続いて駆虫

Dsc00322前のメスもそうだったんですが、えらい塩をなめます。やはり鉱塩などの塩補給は必要ですね。

   

Dsc00321_2 来週には貰い手さんの所へ行く予定です。

     

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »