« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

8月終わり

月曜から9月。

子供たちは学校。

 

うわ~、9月中旬エンバク+イタリアンライグラスの播種の準備しちょかないけん

ということに気がつきました

 

月曜日にでも、農協に種の注文をしよう

それと播種予定地の夏雑草の収穫・堆肥入れ・耕起をぼちぼちやっていこう。

| | コメント (8)

2008年8月23日 (土)

蚊-ブラックホール

梅雨が明けてしば~らく雨が降らない時期は蚊が少なかったのですが、雨が降り出してから蚊が大発生(例年並み)しています。

Dsc00326効果があると思っていた液体蚊とりも、うちのような開放状態では効果なし。

 

 

Dsc00345そこで、紫外線ライトが切れてほこりをかぶっていたブラックホールを取り出し、ライトを交換して取り付けてみると蚊の数が半分になりました。

 

 

でも蚊の大軍を相手にするには戦力不足です。

ブラックホールをもう1~2個欲しいな~

| | コメント (6)

2008年8月14日 (木)

ヤギ運搬車

やっと集落の盆踊りが終わり一息つきました。

本日やぎベーがお帰りになりました。

都会の一人っ子が田舎の家にホームステイしていた感じで面白かったです。

Dsc00341  ※藤の葉を食べるやぎベー坊っちゃま

 

  

今回のようにヤギを運ぶケースが多い我が家ですが、軽トラックに枠を立てて運ぶ方法を採っています。

枠を立てる利点

①ヤギがおとなしい:あまり鳴きません。落ち着くので輸送ストレスも少ないと思われます。

②周りがおとなしい:対向車や後続車、通行人に指を指されなくなります。けっこう恥ずかしいものです

③逃げる心配が無い

Dsc00337 Dsc00338

後の枠を跳ね上げ式に改良しました。

| | コメント (4)

2008年8月10日 (日)

やぎベー

けんママさんがたのやぎベー

けんパパ・ママさんの帰省中預かることになりました(8/9~8/14予定)。

久しぶりのやぎベー。大きくなったね~

Dsc01882

 

 

Dsc00335 今 推定体重72㎏

ボディコンディションスコア 4

 

うちのヤギとのいざこざがあるので個室でゆっくり過ごしています。

普段いいもの食べているのでしょう。うちの持ちエサ(スーダングラス、エノコログサ乾草)は、あまりお好みではないようです。

そこで、特エサである出穂前のメリケンカルカヤを与えたところ、上品にモシャリモシャリ食べています。その横で、やぎベーの食べ残しを争って食べているうちの3匹・・・・

程よい長さの角を利用した突き上げが得意技のようです。角を突き上げた時、先っぽが相手のアゴに刺さりそうなので、ケンカさせられません。

柵越しに、ことみとやりあっています。

人間には慣れて、おとなしいヤギみたいです。

※やぎべーツメ切り

| | コメント (6)

2008年8月 8日 (金)

ヤギの体温

【ヤギの体温他】

平熱:39.5℃(38.5~40.5)

微熱:41.0~41.5℃

高熱:42℃以上

心拍数正常値:70~80回/分(70~89)

呼吸数正常値:12~15回/分(12~25)

反芻胃の運動:1~1.5回/分

参考図書:山羊の飼養管理マニュアル 家畜改良センター 無料

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

絵日記

8/6は小学校の出校日

その日までに、ボウズには絵日記提出というノルマが課せられている。

重い腰をあげて書いた作品を見てみると

~きょうは、お父さんとしょうぎをした・・・・・・

絵は将棋盤と駒の絵

最近、駒の動きを覚えて、将棋にはまっているボウズ

ほ~おう。よく書いているなと感心したのも束の間。

 

 

今日はお前と将棋してないんですけど・・・・

 

 

「あ~そうやったっけ。間違えちょった~。まあいいか」

「そりゃ、ちゃーらん」(それはダメ)

ウソ日記にしないためにも、眠い目をこすりながら対局です。

| | コメント (3)

2008年8月 2日 (土)

ツメ切り保定法

とりあえず仕事が落ち着き、久しぶりの投稿です。

今日、預かりヤギのメスヤギを、後輩とイチゴ農家のN君が取りに来ました。

行き先は、N君のお兄さんがやっている、「農園菓子工房 ナチュラルファーム 菓樹」です。

店の周りで草刈させる予定で、良いマスコットになって欲しいです。

  

   

ついでに、後輩にツメ切りのときの保定作業をビデオにとってもらいました。

保定方法   ←Quick  Time で見てくださいね

上から覆いかぶさるように、奥の足(前後)をつかんで、一気にひっくり返します。

足で、ヤギの後ろ足が伸びないように、はさむように押さえます。(ビデオでは僕の左足)

首をヒザ、胴を尻で軽く押さえます。

ヤギの足が地面に付くと起き上がろうと暴れるので、地面につけないようにしています。

体重30㎏くらいまでだったら、わりかし楽にできるのですが、40~50㎏のメリコでは、倒すのに一苦労です。50㎏以上のザーネンやオスヤギでは足上げ法のほうが楽ですね。

| | コメント (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »