« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

マメ科草鼓脹症の予防法

クローバーやレンゲ、ピーピー豆等のマメ科草

ヤギも大好きで、タンパク質やミネラル等の栄養も豊富

しかし、食べ過ぎると鼓脹症の原因となり、注意が必要な草でもあります。

 

西欧流の牛の放牧では、草地の栄養価を高めるため、「いかに草地のマメ科割合を高めるか」に重点が置かれています。

しかし、あまりマメ科ばっかりだと牛も鼓脹症の危険が高まります。

 

そこで、イギリスでは、同じマメ科ですが”タンニン”含量が高い草をクローバーと一緒に播いているそうです。

このタンニンが第一胃内の異常発酵を抑え、鼓脹症を防ぐ役割があるそうです。

ヤギにも使えそう^^

 

★ネタモトはこちら→(有)シェパードがおくる松本大策のサイトのゲストコラム

松本獣医師は肉牛の大先生です。

このHPにはいろいろ参考になる情報が詰まっていますよ。

| | コメント (0)

2008年10月26日 (日)

前歯永久歯

ヤギは前歯が生え替わります。

その生え替わり状態で、ある程度の歳がわかります。

一番前の歯は生後12~18ヶ月齢で生え替わるそうです。

先月、そろそろかなと「ピー」と「ことみ」(2007.7生まれ)の前歯をみると乳歯でした。

すっかり忘れて1ヶ月。今日ふと思い出してみてみると、

Dsc00380 いつのまにか生え替わってるではありませんか。

乳歯の1本はまだ抜けておらず、永久歯の後ろ側にありました。

うちのヤギでは14~15ヶ月齢での生え替わり。

↑ この写真はヤギに関して夫婦初の共同作業です。たまたま(珍しく)ヤギ小屋のところにいたので、妻に取ってもらいました♪

| | コメント (3)

2008年10月23日 (木)

ホームセンターにヤギ

こんな所にもヤギ。

Dsc00379 ヤギじゃないといけない理由があるのでしょうか?

コシや耐久性?

知りたいところです。

その他の製品を見ると、白い筆は、ヤギか白馬。茶色い筆は馬でした。両者混合というのもありました。

あっ Made in ○○を見るのを忘れてた。

| | コメント (12)

2008年10月21日 (火)

カシの葉

植木屋さんに庭木のボウガシを整えてもらいました。

Dsc00378大量に発生した葉っぱ

一応捨てずにキープ  

 

去年までは、この時期の主食でした。

しかし、長野牧場の情報などから、カシの葉はやりすぎると消化不良をおこすとのこと。

(常緑葉に含まれる油分などが原因らしい)

そこで、ヤギに与えてみて注意深く観察すると、

最初はパクつくのですが、採食量は増えてないようす。

そういえば、去年までと同じ傾向。

去年までは、それでもどんどんやっていました。

目立った障害は気付かなかったのですが、新しい情報を知り、今年はやるのが気持ち悪くなり、給与中止。

 

ど~する?この葉っぱ!

 

確実にモトを取っていないガーデンシュレッダーに活躍してもらい、粉砕して床敷に使う予定です。

Dsc00297

| | コメント (8)

2008年10月19日 (日)

たばらそだち収穫祭

Dsc02296会員制 イモから作ってイモ焼酎作り

ここだけ芋焼酎「たばらそだち」プロジェクト の収穫祭が行われました!

 

Dsc00377

115名でイモ掘り。

冬にはおいしい焼酎になります。

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

たまごん工房のヤギ

畠中育雛場直営のたまごん工房の収穫祭に家族で行ってきました。

※育雛(いくすう)場:卵を孵し、卵を産むくらいに大きくなるまで、ひよこを育てて養鶏場に売るところ

 Dsc00374 Dsc00372

 

 

すると

入り口の所にヤギ。大きさは標準シバヤギサイズ

Dsc00375  

 

 

うちの次男坊がさっそくエサやり。

Dsc00371  

 

 

Dsc00370

| | コメント (2)

2008年10月12日 (日)

冬の主食

Dsc00369 9月に播いたエンバク+イタリアンライグラスの状況です。

これが12月からの主食

 

Dsc00368 スーダングラスは霜に当たると一発で枯れるので、11月前半の主食

 

 

Dsc00367 それまでは焼酎畑のイモヅルが主食です。

イモヅルを食べるヤギ達動画

| | コメント (2)

2008年10月 4日 (土)

これはイケる?! 蚊対策

ただいま山羊サミットの真っ最中でしょうね

さて、これはイケるのではないかと思われる蚊・その他害虫対策を思いつきました。

それは・・・・・

Dsc00364_2  

 

 

クモ

コガネグモやジョロウグモをいっぱい捕ってきて、ヤギ小屋のまわりに巣をつくってもらうという方法です。

来年試してみよう。

(ただし、ホコリのついた古いクモの巣の除去と、新しい巣の維持の調整をどうするかが課題と考えられます。ホコリには病原菌が多いので)

ちなみに僕の勤め先は、クモの100匹や200匹楽に集められる環境です。

Dsc00363 ※123456km

 

 

※3匹ツメ切り(調整程度)

| | コメント (4)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »