« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月23日 (日)

おひげ

Dsc00383 ことみのお髭が目立ってきました。

小さい頃はアゴにへばりついて目立たないのですが、伸びてくると垂れてきます。

*************************************

Dsc00385 Dsc00384

 

 

  

ちょっと傷んだリンゴが手に入ったのでヤギのおやつにしました。

以前紹介した、「お好み焼き用ヘラ砥いで柄を付けた棒」で細断

食べやすくなりました。

 

 

※鶏:NDワクチン

| | コメント (3)

2008年11月20日 (木)

ピー発情

ピー(写真右 ※昔の写真ですが・・・)に発情が来たようです

Dsc00264 11月16~18日

次回発情は21日後の12月7~9日くらい

いよいよ人工授精に挑戦です。

長野牧場に連絡し、12月8日に冷蔵精液を配達してもらう予定。

12月28~31日に発情が来なければ受胎の可能性高し。

分娩は5月7日あたり

とらぬ狸のなんとやら

 

 

受精と授精

手へんが付くか付かないか

受精:精子と卵子が合体

授精:人の手で受精させること

なので人工授精は手へん付き

| | コメント (8)

2008年11月15日 (土)

購入牧草~通販~

指を怪我や出張やらで草の確保が難しいと思ったり、

いっぺん通販を経験しようと思ったりして、

USチモシー1番草4000円ちょっと/25㎏を頼みました。

先日到着

Dsc00382 ダンボール入り

値段は高いですが、緊急時には重宝します。

 

※3匹駆虫&子ヤギ2匹ツメ切り

| | コメント (2)

帰ってみると

茨城出張から帰ってみると

当ブログのアクセス数が一ケタ違う。

何が起こった???

アクセス解析では

腰麻痺に関する検索ヒットによるものであると判明

もしかして、これは

ななちゃんショック!!!?

影響度恐るべし・・・

| | コメント (7)

2008年11月 8日 (土)

鼓脹症 応急処置

急性鼓脹症

穀類やマメ科草等を食べ過ぎて、第一胃内異常発酵が起こり、発生したガスや泡でヤギが死ぬ恐れもある病気です。

処置としては、獣医師を呼んだり(行ったり)、消泡剤(ガスナイン等)や油を飲ませたり、ホースやパイプを口から突っ込んでガス抜きをすることが挙げられます。

しかし、これらの処置を行うまでには、ちょっと時間がかかります(すばやくできるような準備をしておけばいいのですが、なかなかそうはいきません)

そこで

ヤギの口にロープで「猿轡(サルグツワ)」をかけます。

すると、くちゃくちゃ噛んで、唾液がダラダラ垂れ、胃のほうにも流れていきます。

ヤギの唾液には重曹が含まれており、第一胃内のpHを整えてくれる働きがあります(反芻は唾液を胃に送る働きもあります。だから反芻をしっかりするというのは重要なのです)。

こうして、異常発酵の進行を和らげることが出来るそうです。

この方法は、ちょっとした食欲不振や食滞の時にも使えると思います。

ネタ元は(有)シェパード

| | コメント (5)

2008年11月 7日 (金)

牧草通信販売

冬に重宝する輸入牧草の通信販売サイトです

牧場などに納入されている業務用牧草にくらべ割高ですが、通販ですので便利と思います。

牧草屋」さん

ここで取り扱っている牧草はA飼料です(Eメールで確認済み)。

※A飼料とは

飼料等及びその原料のうち、農家において反すう動物(牛、めん羊、山羊及びしかをいう。以下同じ。)に給与される又は可能性のあるものとして動物由来たん白質が混入しないように取り扱われるものをいう。
⇔ B 飼料:飼料等及びその原料のうちA 飼料以外のものをいう。

参考

| | コメント (0)

2008年11月 3日 (月)

自動米とぎ装置

11月1日、2日と、町の産業祭で餅つきのお手伝いをしました。

2日間で、六斗程度ついたのですが、それだけのもち米をとぐのも大変な作業です。

しかしすばらしいアイテムがあり、米とぎは楽チンでした。

しかも、動力は水道一本で、電力、燃料は使わないという省エネアイテムです。

ビデオ映像です(Quick Time Player)

「米をといでいる」

「米とぎアップ」

「とぎ汁を捨てている」

「米を取り出す」

詳しい仕組みは下図参照 Kometogi

 

 

考えた人スゴイ!!!

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »