« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月29日 (月)

平成20年飼料成績

平成20年ももうすぐ終わり。

今年一年に使用した購入飼料を計算しました。

                 2008    2007   2006

購入牧草            150㎏   165㎏   200㎏

   濃厚飼料           0㎏    15㎏    10㎏  

飼育頭数(体重40㎏換算) 2.4頭   1.2頭   1.8頭

一頭あたり            63㎏   150㎏   117㎏

イモ畑の雑草など、預かりヤギの多かった夏に、草が多かったことが要因だと思います。

来年はヤギレンタルの予定なので、さらに購入を少なくできることが期待できます。

そのためには、ヤギの出張中に冬用乾草をしっかり作ることが条件です。

ビニールハウスが欲しい・・・

| | コメント (4)

2008年12月27日 (土)

ピー しきりなおし 人工授精

本日の11時ごろ人工授精しました(都合により1回授精)。

発情発見から約30時間後

新型の膣内冷蔵精液注入器(製造原価:数百円)の使い勝手は

グーーーーーーッgood

Dsc00414  ←精液を吸ったところ

 

20日後が楽しみです。

| | コメント (2)

2008年12月26日 (金)

ピー やっぱり再発情

朝、小屋に行くとピーがメヱ~~~~~~~~

予定通り(^^;)20日後に再発情が来ました。

しかし!

今回は前回の教訓を活かし

冷蔵精液の到着を今日にしています。ピシャリです~

さらに

精液注入器も新兵器準備万端

明日の朝と夜。2回授精に挑戦です。

妊娠判断は年が明けて15日頃

今回はとことん挑戦。ダメだった場合に備え、また精液注文しておこう

 

★前回の教訓:手元に無い種は付けられない。

発情周期の平均は20.4日(萬田先生の本)や21日(山羊の繁殖マニュアル)

それだったら精液注文は前回発情から20日後で予定するべき。21日で計算すると、間に合わない恐れがある。もし21日で発情が来ても、1日保管延長で精液活性が落ちるとは思うけど、適期に種付けできないよりはマシ

と考えています。

もちろん、そのヤギ個体の周期を記録して、それに合わせるのが一番です。

| | コメント (5)

2008年12月20日 (土)

ことみ発情

12月18~20日

ことみ発情

種を付けたくなるが、ぐっとがまん

増えすぎてしまいます。

 

さて、来週。ピーの発情が来ないことを祈りつつ

冷蔵精液の準備完了

次回はニューアイテムの試し撃ち

| | コメント (2)

2008年12月15日 (月)

精液注入器

冷蔵精液による人工授精に挑戦中です。

受胎率を上げるためには、精液を子宮頚管の中に入れてやることが必要です。

Yagiseisyokuki( 子宮頚管までたどりつくまでが精液にとって最初の試練)

 

しかし、これには、膣鏡や頚管鉗子(けいかんかんし)などの特別な器具が必要で、高度なテクニックを要します。

さらに、体の小さな在来系のヤギや初産前の若ヤギではその困難さが増します。

これに対し、簡単な方法として、膣の奥に精液を注入する方法があります。

簡単な反面、頚管の手前に精液を送るだけなので、精液量は10倍必要と本には書いてあります。(どれくらいの受胎率があるかは不明)

今回、僕はこの方法でチャレンジしています。

精液量は9mLと9倍ほど

注入器は、スポイトや注射器の先に細いパイプをくっつけたものでやってみました。

すると、どうしても精液がスポイトの先に残ってしまったり、一回の注入量が増やせず何度も注入したりして不満が残りました。

そこで、求められる注入器の条件

大容量(9mL以上)
注入器中の精液を最後まで押し出せる
膣の奥まで容易に届く

を満たすものを作ってみました

・アクリルパイプの先を熱しながらしぼる

・アクリル棒の先に、ゴムチューブを接着剤でくっつける

・昔、竹でつくった水鉄砲の要領で精液を吸入・放出

次回からは、これでやってみます

(うまく受胎すれば、受注生産も可)

Dsc00413 Dsc00412

Dsc00411091012:頚管部の難所の表現を変更

| | コメント (4)

2008年12月 8日 (月)

ピー ”とりあえず”人工授精実施

発情が僕の予想よりも1~2日早く来たため、タイミング的に遅い気が多々しますが

本日精液が届きましたので、とりあえず人工授精しました。

ピーを保定枠に入れ

冷蔵精液を手作り注入器でちゅう~にゅう~~

12月26日頃発情が来なければいいのですが、

その確率は低そうなので、その日に合わせて精液再注文します。

もしピーが種が付いていたら、メリコにでも付けよう

メリコさんは今日あたりから発情気味(今回はパス)

Dsc00389 Dsc00388 Dsc00391

| | コメント (4)

2008年12月 6日 (土)

間に合うか?

3匹のヤギのうちの繁殖対象のピー

今日の昼頃から発情が来た。

予定より1~2日早い。

冷蔵精液到着 12/8。

授精は早くてもその日の夜。発情開始後56時間

参考書には20~30時間がよろしいと書いてある。

ちょっと時間切れかな~

だめもとでやるだけやってみよう。

 

Dsc00387 今年初の雪景色

| | コメント (2)

2008年12月 4日 (木)

ヤギの友No.19

Dsc00386 全国山羊ネットワーク会報

ヤギの友No.19

届きました。

今回も妻の冷たい目から隠れながら、こそこそと楽しく読んでいます。

来年度会費も納入

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »