« 妊娠鑑定法 | トップページ | 腸性毒血症 »

2009年1月24日 (土)

保温

昨日から寒波が来ています。

我が家では、メリコが歳を取ってきたこともあり、朝の放射冷却時と寒波の時だけヤギを保温しています。

Dsc00416寒波の時は1日中ですが、年に何回かだけなので、投光器を使っています。

ヤギたちは光の下で固まって反芻しています(写真は食事中)。

 

 

また、風邪や体調を崩したときは、人間と一緒でまずは保温が重要です。

「ぬくくして、水分・栄養とって、ゆっくり寝る」

  

畜産専用の保温器具には次のようなものがあります。

もうもうマット

吊り下げタイプヒーター

|

« 妊娠鑑定法 | トップページ | 腸性毒血症 »

コメント

で、もうもうマットっていくらなの~?
洗ってもよくて、コード齧っても漏電しないなら便利だけど・・・・・

投稿: はたかおり | 2009年1月24日 (土) 17:45

値段は忘れたので調べてみますが、姉妹品のとんとんマットは3~4万円みたいです。噛みに対する丈夫さや、設定温度域が違うので子牛のほうが安いかもしれません。吊り下げヒーターは1万円くらいです。

投稿: T | 2009年1月25日 (日) 10:19

子牛用はヤギに適用できるのでしょうか。
むっくがまた尿石になることを考えると、何万円かなら安いかもしれない^^;
わたしも調べてみます。

投稿: はたかおり | 2009年1月25日 (日) 11:45

調べてみました^^
48500円っていったかな?
ま、5万円ぐらいですね。
設定温度は30度から35度だそうです。
子牛の体温は40度ぐらいとおっしゃってましたが、そんな感じですか?
それならヤギとほぼ同じで、使えますよね。
水洗いもできるということだし、かなり魅力的です^^;

投稿: はたかおり | 2009年1月26日 (月) 16:03

カタログ見たら49350円でした。ブタのよりも高かったです^^;
温度域は子牛といっしょでいいと思います。
使えると思います。
温度がちょっと高いやつでは低温やけどの恐れがあるので、牛用だと安心ですね。

投稿: T | 2009年1月26日 (月) 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妊娠鑑定法 | トップページ | 腸性毒血症 »